SERA The 6th Industry Network In Sera Kogen 世羅高原6次産業ネットワーク

世羅高原を体験するExperience in Sera

体験レポート

農家民宿 髙光

16年秋のカメラ女子旅に続き、17年秋に今度は家族で髙光さんで収穫体験をさせていただき、1泊2食お世話になりました。 

私の大好きな世羅を家族に見せたい、世羅で出逢った・お世話になった方々に家族を紹介したいと思いました。  

人見知りの子供たち(3歳・5歳、共に男児)が少し心配でしたが(特に次男)、そんな心配無用で『おじいちゃん』『おばあちゃん』と本当のじいちゃんとばぁちゃんのように話しかけていたのは、なんと言っても橋川家の皆さんのお人柄のお陰だと思います。(本当のじぃちゃんばぁちゃんより懐いていたかもしれません。) 

また今回髙光さんにお世話になりたかった理由として、おじいちゃんの原爆のお話しを子供たちに聞かせたかったというのもあります。 

特に現在大阪府民で、小学校にも行っていないし原爆のことは全くの無知で、3歳と5歳ということもありなかなか話も聞いてるんだか聞いてないんだか、という状況でしたが、いつかわかるようになったときに、『ボクは爆心地から100mのところにいたおじいちゃんに会ったことがある』という思い出が少しでも残っていればいいな、と。 

収穫体験ではまずは自分の顔よりも大きなサツマイモに始まり、カラーピーマンやゴボウ、カブ、キャベツ…と本当に色々なお野菜を収穫させていただきました。 

今住む大阪でも子供たちにはできるだけ野菜を見せたいな、と思いながらも、なかなか葉付きの野菜すら売っていませんが、少しでもいつも食べている野菜がどうやって出来ているか知るきっかけになればと思いました。

 

どちらかと言うと、長男は野菜よりバッタなどの虫に大興奮でしたが、次男は(いつもの生活とは違って)意外と真面目に黙々と収穫をしていました。『これじいちゃんちで食べたい!』と言いながら採っていました。それに採った野菜をかごに入れる時も、周りについた葉を取ってから入れるなど、これまた意外な一面を見ることができて、子供の成長も感じることができました。

お夕飯は前回同様お母さんが次から次へとお料理を作ってくださったり、おじいちゃんやお父さんとお話しさせていただいたり、またカメラ女子旅でいつもお世話になっている五十鈴さんもお子さん連れで会いに来てくださり、本当に楽しい時間を過ごさせて頂きました。 

事前にご準備いただいていたお野菜たちを使ったお料理だけでなく、当日私たちが収穫させていただいたお野菜も出してくださいました。

子供たちも五十鈴さんのお子さんたちと初対面と思えんくらい普通に馴染んで遊んでおり、帰ってからも『お兄ちゃんと遊んだのが楽しかった』と言っていました。

そして、無理言ってお願いさせてもらっていた念願のポポ(果物)! 
生ポポとしては1年越し、ポポとしては2年越し(一昨年の東京で開催されたカメラのイベントで山本まりこ先生とむらいさち先生がジェラート工房ドナさんでポポのジェラートを食べたというお話しを聞いてから)です。 

初めてのポポは確かに『パイナップルとバナナの間のような』甘酸っぱい、食感としてはマンゴーのような果実でした。念願だったこともあり、おいしさもひとしおでした。 

うちはマンションなので家に種は持ち帰りませんでした。その代わりまた世羅に食べに来たいと思います! 

残念ながら天気もよくなかったので、満点の星空を子供たちには見せられませんでしたが、そんなこんなで1日目の夜は更けていきました…  

翌日は残念ながら朝から本降りの雨でした。 
せっかくなので前日撮れなかった橋川さんのお庭を撮りたいな、と早起きしたものの、隣からいなくなる気配を感じたのか子供たちが起きだし、断念しました。 

朝ごはんもお母さんがたくさん準備してくださいました! 
ほんま朝からこんなに沢山作ってくださって、準備が大変やろうと毎回頭が下がります。しかもこの日はお仕事もあったにもかかわらず、本当にありがとうございました。 
あっという間に出発の時間。お土産に前日収穫させて頂いたものと、それとは別に収穫して下さったものをいただきました!  

帰ってきてからもしばらく橋川さんのお野菜を使って食事に出すと、子供たちも『これボクが採った〇〇?』と聞きながら完食し、ご飯に至っては2人ともおかわりしてモリモリ食べていました。(子供ながらにいつものご飯と違う味だとわかるのだと思います。) 

ご近所の同じ保育園のお友達のお家にもおすそ分けさせていただきましたが、そこのお母さんも『いつもはお野菜食べないのに、おいしいと言って二人とも(4歳・6歳ともに女児)食べました』とおっしゃっていました。また個人的にも御礼状のやり取りをさせていただき、関係を続けさせていただいていることを本当に嬉しく思っています。  

橋川家のみなさん、特に子供たちは大暴れで色々とご迷惑をおかけしましたが、まるで本当の家族の帰省のように迎えてくださり、本当にありがとうございました!私自身も、実家に帰った時のようなゆったりかつ楽しい時間を過ごさせていただき、また家族に大好きな世羅の温かい人や自然を少しでも体験してもらえ、本当に素敵な思い出となりました。 

またカメラ女子旅で、家族で遊びに行かせてください! 

Translate »